2009年06月30日

WaMComのSSL通信問題

 前のエントリで書いたように、ISPを変えて、長年愛用してきたADSLからFTTH(とはもう言わない?)になった我が家であるが、Macだけ古いままということで、問題がないわけでもない。

 言うまでもなく、通信速度が上がらない。せっかく100Mbps程度の下り通信速度スペックがあるのに、Mac側でそこまでの速度に対応できず、5Mbps程度。残念と言えば残念だが、マシンスペック的にも動画を見ることなどできないということもあり、この点については、それほど問題ではない。

 しかし、もう一つの問題は少し悩ましい。それはOS8.6で動くブラウザ・・・WaMComやiCab3.0.5でも、ISPのポータルサイトにログインできない、ということ。このサイトで、メールアドレスの変更とか、オプションサービスの設定などをするわけだが、そこに入られないから、設定変更などできず、デフォルトのまま。

 これは、サイト側から要求してくるSSL通信にブラウザが対応していないかららしい。WaMComでログインページを表示させ、右下の鍵マークをクリックして、表示される証明書を見る限りでは、WaMComでも対応できそうな鍵に思えるのだが、何度試しても正常にログインしてポータルサイトに入ることができず、サポートセンターに電話して確かめた結論が、このSSL通信未対応。

 WaMComが総てのhttpsページに対応できていない訳ではなく、トラブルがあるのは少数派だと思うが、これまでも幾つかのログインページで上手くログインできなかったり、ページそのものが正しく表示されないことがあった。それにしても、そのページがIPSのポータルサイトとは・・・ちょっと泣けてくる。

 調べてみると、そのサイトの「利用上の注意」の類のページでは、OSは8.6以降と明記されているが、ブラウザがなぜかSafari 1.2以上、firefox1.5以降となっており、OS8.6上で動くブラウザがない。サイトの表示はブラウザで決まるのだから、OSの推奨環境など意味が無いように思うが・・・コチラも確認ミスと言えば確認ミスだ。

 ということで、OS8.6を使用している方は、このISP・・・eo光(ケイ・オプティコム)に乗り換える場合は、ポータルサイトが利用できないという不便が生じると思われますので、ご注意下さい。
posted by おだまさ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるコト理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。