2009年08月24日

キッザニアに行ってきた。

 子ども達の夏休みも残り少ないということで、家族でキッザニアに行ってきた。キッザニアというのは・・・子どもの仕事体験的テーマパーク、とでも言えばよいのだろうか。幼稚園〜小学生くらいの子供達が、様々な職種の仕事を、実物(に近い)器具・設備を使って行い、その報酬として、キッザニアで通用するキッザを手にする、というようなところ。

 各パビリオンで30分程度の仕事をするし、その前の待ち時間が30〜60分程度あるので、半日で回れるのは一人5カ所程度。子供達が選んだパビリオンは、歯科医、ガソリンスタンド、警察官、ジェット・パイロット、ボトリング工場、消防士、外科医、救命救急医師、といったところ。一番楽しかったのをそれぞれに聞くと、長男は歯科医、次男は消防士が良かったようだ。ボトリング工場では自分でボトルに詰めたコーラを持ち帰れるので、それも喜んでいた。

 子どもしか体験できないので、親は半日暇かな〜と思っていたが、見ている方も思った以上に面白かったので、アッという間の半日だった。装置類がかなり本格的だし、制服も本物のようなものなので、これは確かに子どもには面白いだろうと思う。自分が子どもだったら、やってみたいと思うだろう。

 実際に仕事に取り組んでいる子ども達の表情は、楽しいというより、真剣そのもの。もちろんやらされていることばかりだが、真面目で一生懸命だ。長い待ち時間の間も、ふざけたり立ち歩いたりすることなく、小さい子どももじっと座って待っていられるからエライ。親からは余り見らない子ども達の一面を見たような気がする。どんな子どもも真面目にものごとに真っ直ぐ取り組むのが好きなんだ、とあらためて思う。

 本格的な仕事体験をテーマパークのコンセプトに据えるというアイデアは大したモノだと思う。まだまだ体験していない職業がたくさんあるし、貯めたキッゾで買い物ができるという楽しみもあり、また来たいと思わせるというリピート性がある。そのおかげで、休日は不況知らずの満員で予約を取るのも大変。次はいつにしようか・・・。

 個人的には、子ども達には建設現場とか、電力とか、自動車組立とか、自分の仕事に関連の深い職種をやってみてもらえないかなあと思うが、なかなか子ども達の視線はそういう方にはいかないようで、ちょっと残念。

 ちなみに、9時からと16時からの完全入れ替え制で、時間が少し長い9時〜の方が値段も高いのだが、駐車場の問題、入場までの待ち人の多さからしても、9時〜の部がお薦めと思う。
posted by おだまさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。