2009年11月07日

万葉軒そば処

 千葉方面出張の移動中、丁度昼過ぎだったので、入った立喰い蕎麦屋さん(JR千葉駅構内)。すこしググってみると色々なブログがヒットするので、千葉の方々にはなじみのある店のようだ。

 注文は、大判かき揚げ蕎麦(\500)。小振りな丼に一杯のかき揚げが浮かんでいる。具は賽の目に切った烏賊、細切りの人参、牛蒡、玉葱など。小柱は入っていなくて残念。

 最近思うのは、蕎麦は関東風の濃い色のつゆ、うどんは関西風の色の薄いつゆが良いかなあ、と。それでなければいけない、というほどではないのだが、なんとなく、そう思うようになってきた。何故だろう?
タグ:麺類
posted by おだまさ at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132248451

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。