2009年12月18日

めん処かのや

kanoya.jpg 久しぶりの泊まりの東京出張。宿はT大徒歩圏内の湯島にとった。

 昼に東京駅八重洲地下の中華料理店・紅虎家常菜で食べた「大餃子定食」(880円)が、まだ腹に残っている感があったのと、単独行でもあったので、繁華街を後目に、夜は軽く蕎麦で済ませようと決めた。

 余談だがこの大餃子定食、長さ10cm幅3cm程度の特大餃子8ヶとスープ、ご飯というシンプルながら食い応えのあるメニュー。焼きたての餃子はもちろん美味しく、値段も場所柄を考えれば値段も安いと思う(ランチメニューだろうが)。これだけ餃子があるとビールが飲みたくなるが、昼から会議もあるので、やめておいた。

 それはさておき。

 ホテル近くを一通りぶらつくが、蕎麦屋で目に付いたのは、お品書きがないような立派な構えの店か、お品書きはあっても値段の書いていないような店。懐のそれほど暖かくない僕としては、ちょっと足を踏み入れることができない。交差点角にあるセルフの店が、そういう意味ではよかったのだが、結局、「生そば 讃岐うどん めん処かのや」に決めた。

 カウンターのみ10席程度の店で、食券を買って注文するところは立ち食い蕎麦屋に通ずるところがある。注文はかき揚げ蕎麦(600円)。

 このかき揚げ蕎麦、その場で生地を練って揚げてくれるかき揚げが嬉しい。具は一口大の玉葱、小海老とゲソ。ゲソは珍しいと思うが、歯ごたえのある食感がアクセントになっていてなかなか良い。海老も、小海老をむいたのと頭付きの小海老とがあって、海老の風味がほのかに感じられて、旨い。蕎麦も立ち食い系よりは美味しく、余り客もいない店内と、ほどよい値段ながらこのかき揚げで、満足。


ラベル:麺類
posted by おだまさ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。