2006年03月20日

2006F1Rd.2 マレーシアGP

決勝結果(F1Racing.jp)

 これまた興味深いレースだった。ツボにはまれば速いということをあらためて示したフィジケラ、今年は不運なくレースを戦うことができることを期待。アロンソの最大のライバルでなければならないはずだ。

 上位陣を見れば、ルノー1・2に続き、ホンダ、マクラーレン、フェラーリと並んで実力通りといえそうだが、マッサ・ミハエルという番狂わせながら2台をポイント圏内に押し込んだフェラーリはともかく、1台ずつしかいないホンダ、マクラーレンは今期もチャンピオンシップが厳しそう。ライコネンはまたも不運なアクシデントでオープニングラップからいなくなるし、バリチェロはペナルティで自滅。バリチェロの浮沈はホンダの大きなポイントだろう。個人的な予想では、バリチェロでは上は難しいのではないか。

 バトンはどうにか表彰台、これは褒められるべき点なのだろうが、ルノーの間に食い込めなかった点でフラストレーションが残る。途中の展開では良くても終わってみたら「・・・」、というのでは去年と変わらない。マクラーレン、フェラーリは上回りそうだが、やはりルノーの敵ではないのか。

 その他は、ウィリアムズが、予選が良かっただけに決勝のトラブルリタイヤが悔やまれる。とはいうものの、他のメーカーワークスを喰う勢いのウィリアムズ、恐るべし。BMWもニックは残念だったが、ビルヌーブがラルフを抑えて7位獲得とは嬉しい。

 さて、我らがスーパーアグリ。まずは予選だろう。40秒を切れるかどうか、と気になっていたが、琢磨が見事1'39"011。モンテイロ@ミッドランドの1"2落ちではあるが、40秒を切れたのはさすがだ。井出は走行経験があるセパンではあったが、まだ勉強中というところ?。

 この勢いが決勝まで続いて、琢磨がレースの2/3程度までトロロッソ、ミッドランドを抑えて走行できたことに、驚いた、というか拍手喝采。マシン差がこれだけあっても、バトルで押さえ込み、抜かれてもスキを狙って抜き返した辺りは琢磨の面目躍如、無謀と言われるかもしれないが見事だった。下位ではあってもホンダとトヨタの代理戦争という一面もあって面白い。

 決勝リザルトは14位完走。バトルをしつつ2戦連続完走できたことも嬉しい。レース後の亜久里監督のコメントで「マシンのポテンシャルの何倍ものパフォーマンスを彼が引き出してくれた。早く彼に速い車を与えたい」という内容のことを語っていたが、まさにそのステップを目指してチームを動かしていかなければならない監督のプレッシャーがにじみ出ていた。井出の方はマシントラブルのようだが、総じてメカニカルな信頼性は確保できているようだ。新型マシンでもそうであって欲しい。
posted by おだまさ at 02:24| Comment(2) | TrackBack(1) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもです。
今年は見所が沢山あって、面白いですね。
琢磨の走りは、車の限界を完全に超えていましたね!
亜久里チームは、人手も不足しているようですけど、やる気が感じられて良いですね。
何時までもそのままでは駄目ですけど、今年は仕方がないですね。
Posted by ビートニク at 2006年03月23日 00:04
>ビートニクさん
V8エンジンになるなどレギュレーションが変わって・・・色々ありそうなシーズンということですかね。
亜久里チームは、こういう形でもF1に参戦できる、ということを示した点が凄いと思います。なんとか上に上がって欲しいです。
Posted by おだまさ(管理人) at 2006年03月23日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15109740

この記事へのトラックバック

マレーシアGP 決勝
Excerpt: 列漸く録画観戦が出来ました。 決勝結果(Honda)、ファステストラップ&セクタータイム ※開幕戦でも思ったが、ルノーは欠点が無いように思える。コーナーでの動きは良いし、十分な..
Weblog: beatnicの密かな憂鬱
Tracked: 2006-03-21 00:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。