2006年04月04日

2006F1Rd.3 オーストラリアGP

決勝結果(F1Racing.jp)

 クラッシュにトラブルと荒れたレースだったが、タイヤと路面温度のマッチングミスの話は、見ている方としては、そういう話は聞きたくないよ、という感じだ。

 ホンダ久々のポールも、その後の凋落ぶりで印象悪し。スタートでアロンソを抑えたまでは、やるじゃないか、と思わせたバトンだったが、その後のローリングスタートの不手際たるや何事か。タイヤの熱の入りが悪かったと言い訳している(F1Racing.jp)ようだが、そういうメカニカルの問題の前にバトンのドライバーとしての足りない何かを感じざるを得ない。ホンダの問題は、もう一人のドライバー、バリチェロも同じく勝つための「何か」が足りないと感じさせるところだ。たとえ予選でミスして最後尾まで落ちても、勝つかもしれないと思わせる迫力がチーム、ドライバー共に無い。これが他の3強と異なるところだろう(なんて言うことは書きたくないが)。

 決勝リザルトを見れば、ラルフの表彰台というのが光るが、トヨタが、というよりブリジストンユーザーで表彰台獲得が見事だった。そういう意味では2台完走したスーパーアグリF1も良かったが、他のBSユーザーは沈没で、この先の不安がよぎる。

 残念だったのはウイリアムズのウェーバー。母国GPでラップリーダーの時のリタイヤはもったいなかった。母国ファンに見捨てないで欲しい(F1Racing.jp)というコメントをしたようだが、何かそういう噂が立っているのだろうか。今期のウイリアムズは良い意味で予想を裏切るレースをしていると思う。BMWもこのGPは良かった。ビルヌーブがニックの前に行けないのは残念だが・・・。

 我らがスーパーアグリF1は、第1スティントは琢磨が魅せてくれた!。バリチェロ、クルサードを従えての走りには熱くなった。バリチェロは何してるんだ、とも言いたくなるが。そして見事2台完走!。これも良かった。井出もようやくチェッカーを受けることができてほっとしているだろう。

 これでようやく当初の目標は達成された。これからが正念場。いわば、これまでは自分との闘いだったろうが、いよいよ前を行くミッドランド(^-^;)を追撃せねばならない。これからの進歩は我々の予想よりは遅いものであることを覚悟しないとしかたないだろう。
posted by おだまさ at 00:55| Comment(2) | TrackBack(2) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白くて、やがて疲れる…そんなレースでしたね。
クラッシュが多かったのに怪我人が無かったのは幸いでした。
HONDAは体制作りからやり直した方が良いようです。
Posted by ビートニク at 2006年04月04日 12:59
そうですね。派手なクラッシュもありましたから、オフィシャルも大変だったことでしょう。何事もなく、なによりでした。
ホンダはどうして駄目なのか・・・やはり監督?
Posted by おだまさ(管理人) at 2006年04月04日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16104284

この記事へのトラックバック

オーストラリアGP決勝
Excerpt: ホンダを応援している人にとっては落胆したGPになりました。 決勝結果(@niftyモータースポーツフォーラム) 予選でコンマ4差という大差をつけたのは燃料を軽めにしてスタートダッシュで前に出てグリ..
Weblog: あさか野通信
Tracked: 2006-04-04 09:31

オーストラリアGP 決勝
Excerpt: ●レース結果 ・ ファステストラップ ・ レポートはF1キンダーガーテンとRACING-LIVE JAPAN 混乱のレースを制したのはルノー+アロンソだった。今年のルノーには欠点が見あたらない。ある..
Weblog: beatnicの密かな憂鬱
Tracked: 2006-04-04 12:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。