2006年04月24日

2006F1 Rd.4:サンマリノGP

決勝結果(F1Racing.jp)

 劇的なレースだった。

 まずは、予選。開幕戦で65回目のポールを獲得していたミハエルが、このイモラで66回目のポール獲得。セナが持っていた記録を遂に更新した、その"時"がこのイモラだというのが、まさに不思議な縁というしかない。それに関連した決勝地上波中継のプロローグは、TV屋らしく感傷的な演出と言ってしまえばそれまでだが、それでも三宅さんの絶叫とあの涙の中継を思い出して、感じるものがあった。

 そして決勝。第2スティント中盤からの残り30周、国際映像がほとんどミハエルとアロンソしか映さなかったのもやむを得まい。この第2スティントでのミハエルとアロンソの1周あたり2秒弱というタイム差を見れば、誰もがこの後のピットでの順位逆転を想像していたはずだ。アロンソはコース上でミハエルを追い抜く気迫も荒々しく、アロンソがトップに立つのも時間の問題かと思われた。

 それが、アロンソが先にピットイン。ミハエルに詰まっている状況を打破するために先にピットインしたと推測されるが、このやや消極的な戦略が結局の所裏目に出た。当然のごとくその次のラップでピットインするミハエル、ピットアウトしたときは・・・アロンソの前。アロンソが先行するだろう・・と思っていたので「あれ?」という感じだったが、重量増でペースキープできなかったようだ。あのままアロンソがコース上での決着を狙っていけば、展開は変わっていたかもしれない。それにしてもこの辺りの戦略のフレキシブルさというのは非常に面白い。どこかのチームもしっかり学んで欲しいものだ。

 第3スティントは去年のイモラの再現だが、今年は前がミハエル、後ろがアロンソだ。第2スティントからチェッカーまでの約30周、低速コーナーでアロンソ有利、高速区間でミハエル有利、という雰囲気だったが、先にミスをしたのはアロンソだった。縁石への微妙な乗り具合、だったのだろう。勝利の女神は確かにミハエルに微笑んだのだ。

 レース後のパルクフェルメでのミハエルとチームクルーの喜びようが印象的だった。解説の片山右京さんも感極まったという感じだったが、そういう感動の残るレースだった。ミハエルの凄さとアロンソの強さをあらためて感じた。これでフェラーリ完全復活となるか。マッサ4位も良かったと思うし、BSタイヤも含めてフェラーリがルノーに対する戦闘力を手に入れたのならば、戦える武器を手にしたミハエルとアロンソの本当の勝負の年になるだろう。

 アロンソよりはミハエルを応援してしまうのはなぜか・・・というと、イタ車好きでフィアットのオーナーとしてはフェラーリを応援したい、ということがあるが、それとともに同年代(というか同い年)でありこれまで見続けてきた彼に感情移入してしまう、ということかもしれない。

 さて、スーパーアグリは今期初の2台リタイヤ。井出は最初の事故が原因だろうが、琢磨の方はマシントラブルのようだ。予選でミッドランド・アルバースの0.5秒落ちのところまで来ており、速さは改善しつつある感じがするが、その分信頼性が厳しくなっているかもしれない。ここの壁を頑張って超えて欲しい。

 ホンダについてはなんともはや。ドライバーには気の毒というしかない。
posted by おだまさ at 02:21| Comment(2) | TrackBack(4) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミハエルはこのレースで続投を決めたでしょうね。
彼のモチベーションは衰えていないと思います。
それにしてもHONDAは…
Posted by ビートニク at 2006年04月24日 23:20
ミハエルには今年1年頑張ってほしいと思います。アロンソはどうもなぁ・・・

ホンダはダメですねぇ。ロリーポップの上げ間違いなんてあってはならんですよ。

井出選手もちょっと心配です。
Posted by おだまさ(管理人) at 2006年04月25日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【F1】第4戦 サンマリノGP 決勝
Excerpt: 1周目: スタート直後にコーナーがありコースも狭いが接触もなく各マシンが通過していった。 …と思ってたのにイエローフラッグ。 Albersが大クラッシュ。 マシンの前後が大破し真っ逆さま。 かなり怒っ..
Weblog: 徒然なるままに…
Tracked: 2006-04-24 11:06

サンマリノGP 決勝 (加筆訂正アリ□)
Excerpt: 決勝結果 ・ ファステストラップ ・ ピットストップ レポート: 「F1キンダーガーテン」同じく、「ミハエルの横綱相撲」「先にピットインした方が負け」 「F1Racing.net」 ・ 「ホンダ決勝レ..
Weblog: beatnicの密かな憂鬱
Tracked: 2006-04-24 23:19

F1 2006 第4戦 サンマリノGP
Excerpt:  【決勝結果】 1??5:M.シューマッハー(FE) 2??1:F.アロンソ(RE
Weblog: めぃすた。の塔
Tracked: 2006-04-25 01:30

F1サンマリノGP
Excerpt: 仕事の為、フジテレビの放送でさえ見れなかった私。 でも録画はしておきました( ̄▽+ ̄*) なんたってミハエルの優勝がかかっていますから。 絶対に負..
Weblog: コウの気ままにぶらり日記
Tracked: 2006-04-25 18:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。