2011年04月09日

口に出す

 よく、嫌なことがあると他の人に話すことですっきりする、と言う。確かにないではないと思う。でも、逆に口に出すことで却ってその嫌な思いが強くなることもあると思う。

 例えば、無性に腹の立つできごとがあった場合。その時は怒り心頭で、
 (誰かに話さないと収まりつかない・・)
と思う。でもすぐに話のできる人がいないと、話をするまでに時間が経過する。で、忘れた頃に話のできる誰かに会って、話をし始めると、その時の怒りが再びわき起こって、二度怒る羽目になる。

 話すその時まで忘れていたのだから、そのまま放っておけば良い。口に出す、ということは、自分の思いを確定させてしまうこと、ならばネガティブな思いはなるべく口にしない方が良い。と、思う。言霊というのは確かにあるのだろう。

 久しぶりのブログ更新。何度目かの[初心に却って更新するぞ]という思いに従い、書いてみた。


posted by おだまさ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。