2012年04月11日

江戸城外桜田門

 虎ノ門辺りの江戸城遺構を散策した後は、霞ヶ関を抜けて、外桜田門(桜田門)へ。僕のわずかな江戸城散策の中では、初めて石垣以外の建造物と対面だ。

桜田門外見
 時刻は夕方、だいぶ日が傾いてきている。そんな西日に、外桜田門の白壁が光っている。枡形門の全景と堀とのコントラストがすばらしく、おまけに、背後に見える現代のビル群とのコントラストが、何とも言えず、不思議な雰囲気を醸し出している。

 堀を渡り高麗門に近づくと、例によって、説明パネルがある。
重要文化財(建造物)指定 昭和三十六年六月七日 旧江戸城 外桜田門

 現在この門は桜田門と呼ばれますが、正式には外桜田門といい、本丸に近い内桜田門(桔梗門)に対して、この名が付けられました。古くこの辺りを桜田郷と呼んでいたことに由来します。
 外側の高麗門と内側の渡櫓門の二重構造からなり、外枡形という防御性の高い城門で、西の丸防護のため異例の大きさで造られました(三二〇坪)。建築されたのは寛永年間(一六二四〜四四)とされ、現存する門は、寛文三年(一六六三)に再建された門がもとになっています。大正十二年(一九二三)の関東大震災で破損し、復元されました。・・・

 これまで牛込見附跡で枡形門の跡を見てきたが、高麗門、渡櫓のある状態で枡形門を見たのは初めてだったので、夕日の中の外桜田門にしばらく見とれてしまっていた。

 高麗門をくぐって、枡形の中へ。しかし、この枡形門、周囲を桜田堀に囲まれているので、高麗門を抜けた正面には壁が無く、西の丸の石垣が見えている。高麗門をくぐって右手を見ると、巨大な渡櫓門が待ち構えている。幅三十メートル程度、本当に立派な門だ。
外桜田門の渡櫓門
 高さの半分以上をなす石垣と、その上の白壁、やや薄めの屋根、で美しく立派なのだが、どことなく顔に見えたりして、防護のための門なのに、なんとなく和んでしまう。

 基礎をなす石垣は、安山岩、花崗岩で作られていて、つぎはぎなコントラストが遠目にも美しいし、近くに寄れば、その巨大な石の組み合わせの妙に目を奪われる。
渡櫓門の石垣


 これまたひとしきり、たもとから巨大な石垣、門扉、白壁などを眺めて、感じ入った次第。この後は、皇居外苑へ。
外桜田門

タグ:江戸城
posted by おだまさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/263651505

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。