2013年07月05日

南ドイツ出張覚え書き・3

覚え書き・2より続く)

 翌日も相変わらず天気は雲一つない晴天で暑い。昼はイタリアン。三種類のパスタを厚手の皿に入れ、オーブンで?焼いたのをいただく。トマトソース、ホワイトソースそれぞれに美味い。ここでもオープンテラスに陣取る。どの店でもそういったスペースがあり、客はほとんどが屋外にいる。一人の老いた男性が、ワイングラスで水を飲みながら新聞を読んでいる様が印象的。

 夜はイルゼーの教会に隣接するビール醸造所のビヤガーデンにて。
130705Irsee.jpg

 名物の地ビールは、定番のバイツェンと熟成期間の長いものを飲む。思いがけず甘い味わいに驚く。

 食事はまずジャガイモスープ。期待したクリームスープではなかったが、ごった煮スープに細かく刻んだ西洋ワサビが少し浮かべられていて、しょっぱさの中に、わずかに辛さがある。メインは牛肉のぶつ切りを赤キャベツと一緒にブラウンソースで煮込んだものに、ジャガイモの練り団子(クネーデル)の付け合わせとサラダ。

 レタス、キュウリ(といっても日本のものよりはるかに太い)、トマトのサラダはドレッシングがかかっておらず、卓上のバルサミコ酢、オリーブ油、塩、胡椒をかけて食べる。存外美味い。メインの肉は柔らかく、味も良い。ジャガイモの練り団子は実は余り得意でなく、一つ残してしまう。デザートは苺とバニラアイス。日本で買うパックの半分位の苺の量に瞠目。毎夜ながら、これ以上食べられないほど満腹なり。

 食事の後、まだ日が落ちない中を散策。隣接する教会の中も見せていただく。ミサのためのコーラスの練習なのか、パイプオルガンの音色と合唱の声が響いていた。石造りの教会のこの音響効果は、宗教的儀式の雰囲気をいやがおうにも高めるだろう。日本の木造建築の寺社とは全く違うところだ。
130705Irsee2.jpg


次回へ)
posted by おだまさ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368327789

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。