2013年07月24日

参議院選挙

 去年の衆議院選挙の結果を見て、そうなるといやだなあと思いつつ、そうなるのかやはり、と思っていた参議院選挙の結果は、やはりその通りとなった。今回も、ネットで自分が見て回った警鐘や危惧は、現実の結果とは全く解離していたと言わざるを得ない。まさに、見えているところが全てと思い込んでしまう陥穽に陥りやすいのがネットということだ。

 民主党・旧民主党候補の一人負けの様相で、結果、見た目には『自公の一人勝ち』となってしまった。衆参過半数を占める与党を誕生させる体制変更の選挙の投票率は、52.61%・戦後3番目の低さ、という。ねじれ国会が解消してしまうかもしれない、というこんな重要な選挙が、だ。

 この結果として何が起こるか。端的にいえば、南堂さんのwebサイトの7月22日の項に書いてあることがピタリと来る感じだ。要するに
アベノミクスと称して、4〜6月の景気が少し良くなっている。これを見て来春の消費税増税が決まる。しかし、景気が良くなっているのは、一部の金持ちの消費の結果であって、一般庶民の品目はデフレであり、儲けた大企業は内部留保。つまり、生活者の実態としては景気が良くなっていないのに、消費税が増税され、それがトリガーとなり、デフレ悪化、円安バブル崩壊。
アベノミクスの正体は、消費税増税のための露払いだったわけだ。

 そして、見た目には自由貿易協定のようなTPP。国内法に勝る条約で、海外企業の権利を守り(ISDS条項)、一度自由化されたが最後取り消すことができない(ラチェット規定)条約を結ぶ与党。

 さらに、国民の権利より国家体制を優先する憲法に改正しようとする与党でもある。

 総論としての正論はいつも正しい。しかし、正論の皮をかぶった各論の実態は、正論ではないこともある。そこに、だまされないようにしなければいけない、と思う。

posted by おだまさ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるコト文系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370090175

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。