2013年08月11日

iMacで中継して宅内LAN接続

 最近はそれなりにテレビで連続ドラマなど見たくなり、HDDレコーダーで毎週録画しているのだが、この間停電になったせいか予約が正常になされてないことがあった。で、家族に文句を言われて、オンデマンドで見逃した回を観よう、ということになった。

 しかし、ウチの家はテレビもHDDレコーダーもネットにつないでいないし、無線LAN環境なのだが、対応するアダプター無し。テレビのあるリビングまでルーターから直接イーサケーブルを這わせることもできない。

 さて、どうするか。webで調べると、見つかるものである。リビングの置いているiMacを経由して、テレビやHDDレコーダーをインターネットに繋げる、という方法が。ありがたや。

 「あらきんぐのiPhoneアプリ開発ブログ」というブログに載っていた方法だが、無線LANでネットに繋がっているiMacとイーサケーブルでテレビやHDDレコーダーを接続し、iMacのインターネット共有機能を使って、iMacごしにネットにアクセスする、というものだ。

 僕の行なった手順は、以下の通り。全ての環境で上手く行くとは限らないため、実施されるときは自己責任にて。

[準備]
EthernetケーブルでMacと接続機器を接続する。

[接続機器側(TVまたはHDDレコーダー等)の設定]
(1)「初期設定」から『ネットワークの接続」を選ぶ。
(2)以下のように設定する。
IPアドレス:192.168.2.2
サブネットマスク:255.255.255.0
ゲートウェイ:192.168.0.1
(プライマリ)DNS:192.168.0.1

[Macの設定]
(1)「システム環境設定」から「ネットワーク」を開く。
(2)最上位にAirMacを持ってきて、次にEthernetを持ってくる。
歯車マークの「サービスの順序を設定」により順番を入れ替え。
(3)以下のようにEthernetを設定
IPv4の構成:手入力
IPアドレス:192.168.2.1
サブネットマスク:255.255.255.0
(4)つぎに、「システム環境」から「インターネット共有」を開く。
(5)以下のようにインターネット共有を設定
共有する接続経路:AirMac
相手のコンピュータが使用するポート:Ethernet
(6)サービスの「インターネット共有」にチェックを入れる。
接続機器の電源を入れ設定をしておかないと、この共有にチェックが入れられない。

 この方法で見事アクトビラにアクセス、見逃したドラマを購入して見ることができて、メデタシメデタシ。

 このような方法で接続できることに素朴に感動し、そういう手法を公開してくれた前記ブログの管理人殿にも感謝、である。

 余談になるが、当然動画配信なので、それなりの接続速度が必要である。実は、最初に繋いだ時は、動画がコマ落ちしたり、音声が途切れたりした。iMacごしだから仕方ないのかと思ったが、無線LANの接続帯を11gから11aに変えてみたら、効果てきめん、ストレスなく映像を見ることができるようになった。正直なところ、かなり驚いた。11gでも11aでも、基本的に通信速度に差はないはずなのだが、占有度というのか混雑度というのか、伝播距離の短い11aの方が、限られた空間の中では通信が安定している、ということだろう。

 無線ルーターを買う時に、11a付きにするかどうぁ迷った記憶もあるが、11a付きを買っておいて、あとiMacが11aを受信できて、良かった。そういえば、iPod touch(4G)は、11gしか受信できなかった。

posted by おだまさ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるコト理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371683108

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。