2004年03月16日

太陽系最遠の天体が発見された

"冥王星の3倍の彼方に最遠の天体発見"
"太陽系最遠の天体セドナ(英文)"

カリフォルニア工科大の研究グループにより、太陽系最遠の天体が発見され、イヌイットの神話による海の創造の女神の名を取ってセドナと命名された。NASAも公式見解を発表しており、第10番惑星か、と言われたが、惑星と小惑星の間のような存在のようだ。上記後者のリンクに詳しいが、大きさは月より小さく、冥王星とほぼ同じくらいのようだ。長大な楕円軌道を約1万500年かけて周回し、太陽からの距離は近いときで約130億キロ、遠いときで約1300億キロの距離にある。これは冥王星までの距離の3倍、地球と太陽の距離の約900倍に相当するそうだ。これは小惑星の巣のようなカイパーベルトの外側に相当する。

冥王星の発見以降、太陽系内での最大の天体の発見でもあるそうだ。今にいたって、発見されるというのも凄いし、またその距離が冥王星の遙か彼方であったというのももっと凄い。天文学者の地道な探査に頭が下がる思いだ。

ただ、冥王星ですら、衛星カロンが冥王星の前を通過することを利用して表面の明暗マップが作られたそうだ(参照記事:鹿島宇宙通信研究センターのページ)が、セドナについては表面が赤い、ということ以外、地表面に関する情報は何も得られていないようだ。いつか探査機が調査に赴くまで、謎のままになっているのだろう。人類がいつかたどり着くことがあるだろうか?

肉眼では決して見ることのできない惑星(小惑星?)が夜空に浮かんでいる、そんなことに思いを馳せるのは、ただ単純に楽しい。1万500年という公転周期も、今から1万年前というと人類史にさかのぼれば氷河期末期の新人の時代、日本で言えば縄文文化が栄えている頃だ。そんな時代からようやく太陽(セドナからはピンの先ほどの大きさにしか見えないそうだ)の回りを一周するという、とてつもなく気の長い話となる。宇宙っていうのは、本当に人間の時間感覚を超越したところにあるものだ。

後者のリンクはカリフォルニア工科大の研究グループリーダBrown氏のサイトであり、セドナについて、発見方法、どのような星かについての考察などあって、非常に興味深い。
posted by おだまさ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 気になるコト理系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72337

この記事へのトラックバック


Excerpt: 楕円軌道楕円軌道(だえんきどう) (elliptical orbit) は、楕円形の軌道 (力学)|軌道。楕円は2定点 F
Weblog: 天文・宇宙を知る
Tracked: 2007-07-27 09:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。