2005年11月03日

SUPER AGURI Formula 1!

ホンダの衝撃的な会見から噂されていた11番目のF1チームがようやく姿を現した。噂に名前が挙がり、否定されてきた鈴木亜久里氏率いるSUPER AGURI Formula 1がそのチームだった。10月26日にFIAへの申請を済ませ、受理を待つ状態のようだ。

11月1日の亜久里氏のホンダ本社(!)での記者会見の全容がspotrsnavi.comに掲載されている。これによれば、
  • チームの代表は鈴木亜久里氏、エントリー会社はエー・カンパニー(つまり日本の住所でエントリー)
  • 実質的には今年の2月頃から活動を開始し、9月ころに形がまとまった。
  • 拠点はイギリスのオックスフォード州ウィットニー・ラングレーで、かつてのTWR、アロウズのファクトリーを使う。
  • エンジンはホンダV8。タイヤはブリジストンにしたい。
  • チームスタッフとして100人規模にしたい。イギリスではもう動き出している
  • チーム体制の発表は来年の1月末か2月始めの予定。

会見中で亜久里氏は純日本チームを作りたい、と語った。ドライバーとして日の丸をF1の表彰台へ、そしてコンストラクターとしても日の丸を表彰台へ、という意志の現れだ。また、ホンダBチームという噂を否定し、
「現行のチームを買い取ってオペレーションをする形ではないので、今回のプロジェクトは本当に「1」からすべて自分で組み立てていく」
とのこと、もちろん、ホンダとは密接に協力関係を築き上げてのことだ。最大の技術的難関はシャーシの設計だろうし、走れる車がいつできるのか、ということも気になるが、こればかりは座して朗報を待つしかない。

メインスポンサーはソフトバンクか、という噂があるが、記者会見では明言を避けていた。それでも、長い目で見てくれるビッグスポンサーがぜひ付いて欲しいと思う。ソフトバンクがそうなのか、ハテナなところはあるが・・・。

印象的だった発言は
「自分のやりたいことというのは、もちろんF1で勝ちたいというのも大きいですが、日本の若い子たちがいろいろなところで育って、最終的にはF1やアメリカのインディーという世界最高峰で戦えるフィールドを自分が作っていければという活動」
亜久里氏はこれまでのARTAでの活動を通じて、ゴーカート、フォーミュラドリーム、JGTC、IRLと底辺から頂上までのステップをサポートするコトを目指した活動を続けてきている。そしていよいよF1に手が届いた。

何故決めたのかということについては、
「この時期にできたというのは、自分がF1ドライバーになるときもそうだったのですが、いろいろな波やベクトルがそっちに集中して向いた時が来たと思っている。自分がどこでチームを立ち上げようと思っても、波が来ていないときはどう努力しても波に乗れないときがあると思う。そういうことでは、大きな波が自分がやろうとしているときに来ているなということで、やることに決めました。」
その流れに飛び込んだ彼の勇気を讃えたいし、本当に応援したいと思う。それは、佐藤琢磨がドライバーとして起用されるか否か、ということとは別に、素直に応援したいと思う。亜久里氏が現役F1ドライバーだった頃、F1中継で古館氏が「有言実行男」(だったかな・・・)と称していたことを思い出した(^^;)。

琢磨に関する発言では、
「彼(琢磨)にはいいチームで乗ってもらいたいし、自分としても、彼が乗るだけのきちんとしたいいチーム作りができるかできないかという部分が大きいと思う。」
と語っている。常々語っている琢磨に対する亜久里の心情と信頼は日の丸を背負ったF1ドライバー同士ならではだろう。

現時点でこのチームがどの程度のパフォーマンスなのか、ということは全くの未知数で、開幕戦に間に合う、というレベルですらない。僕としては、ホンダがホンダではやれないことをこのSUPER AGURI Formura 1でやろうとしているのではないかと思うし、そうであるなら、日本人である琢磨がそのチームとともに成長していって欲しいと、そう思う。

中嶋が果たせなかったF1での夢をもう一度。来年開幕戦のいバーレーンで亜久里監督(違うかもしれないけど・・)の勇姿を見たいと思う。その隣には琢磨を。
posted by おだまさ at 01:13| Comment(3) | TrackBack(2) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
純日本のチームができ日本人ドライバーと登用のチャンスが増えれば国内フォーミュラ活動も活発化しそうですね。
Posted by みゅーきー at 2005年11月03日 07:59
トラックバック有り難うございました

実際、承認されたとしてもF1のレベルで戦える態勢になるとも思えません。それでも、意味はあります。尻切れトンボにならないように応援が必要ですね。
Posted by ビートニク at 2005年11月03日 10:48
>みゅーきーさん、ビートニクさん
コメントありがとうございます。
僕も行かなくなって久しい国内フォーミュラ・・・ドライバーの世代交代はやむを得ないかもしれませんね。
亜久里のチームは、どんなレベルのものなのか、今期のミナルディクラスなのか・・・わかりませんが、やると決まった以上、応援していきたいと思います。
琢磨も!。
Posted by おだまさ(管理人) at 2005年11月03日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8902845

この記事へのトラックバック

11番目のチーム発表!『SUPER AGURI Formula 1』
Excerpt: 以前より噂があった琢磨の移籍先かつホンダV8エンジンが供給されるF1新チームが本日(2005/11/1)発表されました。 <現在分かっている情報> チーム名:SUPER AGURI Formula ..
Weblog: あさか野通信
Tracked: 2005-11-03 08:18

F1 今日も大ネタ
Excerpt: 11番目の新チーム その名は『SUPER AGURI Formula 1』 2005年11月01日 鈴木亜久里、「純日本チーム」を率いてF1参戦へ  元F1ドライバーの鈴木亜久里氏は..
Weblog: beatnicの密かな憂鬱
Tracked: 2005-11-03 10:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。